記事

三菱航空機は、2014年10月18日に、開発中のMRJ(Mitsubishi Regional Jet)のロールアウト式典を開催する予定です。開催場所は、三菱重工業の名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場です。(※ロールアウト:飛行機が完成後、製造工場から出ること) (※写真をクリックすると、拡大表示になります)

 

MRJは、三菱航空機が開発する70~90席クラスの次世代民間旅客機です。最先端の空力設計技術、騒音解析技術、最新鋭エンジンの採用などにより、大幅な燃費低減と騒音・排ガスの削減を実現し、運航経済性と環境適合性を向上させ、エアラインの競争力と収益力の向上に貢献することを目指しています。また、1列4席の座席配置、大型オーバーヘッド・ビンの装備などにより、これまでのリージョナルジェット機にはない快適な客室空間を提供するとしています。

MRJはこれまでに、全日本空輸株式会社(ANA)から25機(確定15機、オプション10機)、米トランス・ステーツ・ホールディングス社(Trans States Holdings Inc.:TSH)から100機(確定50機、オプション50機)、米スカイウェスト社(SkyWest Inc.:SKW)から200機(確定100機、オプション100機)、ミャンマーのエア・マンダレイ社(Air Mandalay Limited)から10機(確定6機、購入権4機)、米国のイースタン航空(Eastern Air Lines Group, Inc.)から40機(確定20機、購入権20機)、計375機(確定191機、オプション160機、購入権24 機)を受注しています。また、JALグループと32機(確定)の導入で基本合意しています。

現在、MRJの初飛行は2015年第2四半期、初号機納入は2017年第2四半期と発表されています。

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ-20141011-19-1024

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

MRJ(Mitsubishi Regional Jet) [photo: 三菱航空機]

(※写真提供:三菱航空機)(注:これらの写真は2014年6月下旬に撮影されたものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article