記事

2014年11月19日の午後、エアバスの最新鋭機 A350 XWBが日本に初飛来しました。やってきたのは、標準型A350-900の5機あるテスト機のうちの1機(MSN005)で、機体番号は「F-WWYB」。羽田空港A滑走路に15:25に着陸後、日本航空(JAL)の格納庫前に15:33に到着しました。

 

A350 XWBはエアバスの最新のワイドボディ旅客機。短胴型のA350-800、標準型のA350-900、長胴型のA350-1000の3機種からなり、座席数は標準で276席から369。航続距離は約15,000km。胴体や主翼には炭素繊維複合材を使用。ロールス・ロイス社製のトレントXWBエンジンを装備し、燃費を25%改善しています。

日本では、JALがボーイング777型機の後継機として、昨年10月にA350-900を18機、A350-1000を13機、計31機確定発注しています。JALへの引き渡しは、2019年からの予定です。

A350-900(MSN005/F-WWYB)はアジアを歴訪するワールドツアー中で、ソウル、東京、ハノイ、バンコク、クアラルンプールを11日間かけて訪問後、フランスのトゥールーズに帰還予定。東京(羽田)には19日から21日まで留まり、JALの格納庫で関係者に公開されます。

羽田空港A滑走路に着陸するエアバスA350-900

羽田空港A滑走路に着陸するエアバスA350-900 [photo: Travel Online News]

羽田空港 JAL格納庫前に到着したエアバスA350-900

羽田空港 JAL格納庫前に到着したエアバスA350-900 [photo: Travel Online News]

エアバスA350-900のエンジン

エアバスA350-900のエンジン [photo: Travel Online News]

エアバスA350-900のノーズ・ギア

エアバスA350-900のノーズ・ギア [photo: Travel Online News]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article