記事

エティハド航空は2014年12月16日、同社で初のエアバスA380型機(機体番号:A6-APA)を受領しました。エティハド航空は、A380を導入する航空会社としては13番目で、この機体は、エアバス社が引き渡したA380の150機目となります。

エティハド航空 A380 受領式典 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 受領式典 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

エティハド航空 A380 [photo: Airbus]

機内はザ・レジデンスが2室、ファースト・アパートメントが9室、ビジネス・ステューディオが70席、エコノミースマートシートが417席の4クラス仕様。特にザ・レジデンスは、リビングルーム、バスルーム、ベッドルームの3室を完備し、ファーストクラスを超えるプライベート空間を実現しました。

エティハド航空 A380の新シート "The Residence" ベッドルーム [photo: エティハド航空]

エティハド航空 A380の新シート “The Residence” ベッドルーム [photo: エティハド航空]

エティハド航空 A380の新シート "The Residence" リビングルーム [photo: エティハド航空]

エティハド航空 A380の新シート “The Residence” リビングルーム [photo: エティハド航空]

エティハド航空 A380の新シート "The Residence" シャワールーム [photo: エティハド航空]

エティハド航空 A380の新シート “The Residence” シャワールーム [photo: エティハド航空]

エティハド航空のA380の最初の投入路線は、アブダビ-ロンドン線です。エティハド航空は、2015年末までに5機、最終的には10機のA380を導入する予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article