記事

10月1日、キャセイパシフィック航空は同社のボーイング747型機のラストフライトを運航しました。ラストフライトは羽田発香港行きのCX543便で、出発前には羽田空港で最終便を記念したセレモニーなどが行われました。CX543便は10時35分に羽田空港を出発し、13時50分過ぎに香港国際空港に到着しました。

キャセイパシフィック航空は、1989年に最初の747-400を受領。このラストフライトで、747型機運航37年間の歴史に幕を下ろしました。

ラストフライトに使用されたボーイング747-400型機(機体番号:B-HUJ) [photo: キャセイパシフィック航空]

ラストフライトに使用されたボーイング747-400型機(機体番号:B-HUJ) [photo: キャセイパシフィック航空]

ラストフライトの記念品 [photo: キャセイパシフィック航空]

ラストフライトの記念品 [photo: キャセイパシフィック航空]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article