記事

2022年11月27日、新型コロナの影響で中止が続いていた築城基地航空祭が、航空自衛隊築城基地で3年ぶりに開催されました。当日は快晴で絶好の航空祭日和。新型コロナによる入場制限は行われず、約4万5000人の観客が来場しました。

展示飛行では、築城基地(F-2)だけでなく、芦屋基地(T-4、U-125A、UH-60J)、新田原基地(F-15)、陸上自衛隊目達原駐屯地(AH-64D)の所属機が参加。さらにウイスキーパパによる曲技飛行も披露されました。それらの様子を現地で取材したので、下記の動画(展示飛行の一部)をぜひご覧ください。

今回の築城基地航空祭2022の展示飛行は以下のスケジュールで行われました。

●オープニングフライト(F-2 × 6)
 時間:8:16~8:35
●航過飛行(T-4 × 4:芦屋基地所属)
 時間:8:45~8:50
●航過飛行(T-7 × 2:防府北基地所属)※中止
 時間:9:00~9:05
●機動飛行(F-15 × 2:新田原基地所属)
 時間:9:15~9:25
●戦技飛行(AH-46D:陸上自衛隊目達原駐屯地所属)
 時間:9:50~10:00
●救難展示(U-125A、UH-60J:芦屋基地所属)
 時間:10:10~10:20
●競技曲技飛行(エクストラEA-300:ウイスキーパパ)
 時間:11:15~11:27
●機動飛行(F-2 × 2)
 時間:11:55~12:10
●デモスクランブル(F-2 × 2)
 時間:12:20~12:30
●模擬空対地射爆撃(F-2 × 4)
 時間:12:45~13:00

F-2戦闘機 6機によるオープニングフライト

芦屋基地所属のT-4による航過飛行

新田原基地所属のF-15戦闘機による機動飛行

陸上自衛隊目達原駐屯地のAH-64Dヘリコプターによる戦技飛行

U-125A、UH-60Jによる救難展示

ウイスキーパパによる競技曲技飛行

F-2戦闘機による機動飛行(1)

F-2戦闘機による機動飛行(2)

デモスクランブル(模擬緊急発進)

F-2戦闘機による模擬空対地射爆撃

Related Article

TRAVELIST-2