記事

2014年11月19日、日本に初めて飛来したエアバスの最新鋭旅客機 A350 XWB(eXtra Wide Body)。羽田空港に到着したA350は、11月20日の午後、同機を導入予定の日本航空の関係者らを乗せたデモフライトを実施。その後、報道機関向けの内覧会が、羽田空港のJAL格納庫内で催されました。

エアバス A350-900 [MSN005/F-WWYB] [photo: Travel Online News]

エアバス A350-900 [MSN005/F-WWYB] [photo: Travel Online News]

今回飛来したA350は、5機あるテスト機のうちの1機(5号機)です。この機体の仕様は以下の通り。テスト機ではありますが、客室を装備した機体です。

・機種:A350-900
・製造番号:MSN005
・機体番号(レジ):F-WWYB
・エンジン:英ロールスロイス社製 トレントXWB
・推力:84,000ポンド
・最大離陸重量:268トン(590,800ポンド)
・全長:66.89m
・翼長:64.75m
・全高:17.05m
・最大搭載燃料:138,000リットル
・巡航速度:マッハ0.85
・総貨物積載容量:172.4立方メートル
・総座席数:265(ビジネスクラス42、エコノミークラス223)

内覧会で撮影した機体の外部・内部を、以下にご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article