記事

9月26日、MRJ試験機1号機(JA21MJ)は名古屋を発ち、 飛行試験拠点である米国ワシントン州モーゼスレイクへのフェリーフライトを実施しました。 機体は、新千歳空港、ロシア連邦エリゾヴォ空港、米国アンカレッジ国際空港を経由し、現地時間 9月28日(日本時間 9月29日)に、グラント・カウンティ国際空港へ到着。総飛行時間は、13時間8分、総飛行距離は約8,300 ㎞でした。

モーゼスレイク上空

モーゼスレイク上空

グラントカウンティ空港に着陸するMRJ

グラントカウンティ空港に着陸するMRJ

安村機長(左)と山崎副操縦士

安村機長(左)と山崎副操縦士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article