記事

2017年5月21日、静岡県の航空自衛隊静浜基地で、静浜基地航空祭が開催されました。静浜基地は、昭和33年に開設されて以来、航空自衛隊パイロットへの第一歩となる初級操縦教育を主な任務としています。

静浜基地航空祭

静浜基地航空祭

当日は晴天に恵まれ美しい青空が広がる中、静浜基地所属の練習機 T-7の編隊飛行をはじめ、F-15戦闘機、RF-4偵察機、T-4練習機、F-4戦闘機、KC-767空中給油・輸送機、静岡県警航空隊のヘリコプターが展示飛行を実施。さらに航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が4年ぶりの曲技飛行を披露しました。

T-7練習機の編隊飛行

T-7練習機の編隊飛行

編隊飛行を披露したT-7練習機

編隊飛行を披露したT-7練習機

ブルーインパルスの曲技飛行

ブルーインパルスの曲技飛行

ブルーインパルスの曲技飛行

ブルーインパルスの曲技飛行

地上では歴代の練習機や各種ヘリコプターの展示に加え、T-7練習機のコックピットやCH-47J輸送ヘリの内部の見学もでき、航空ファンにとってはとても楽しいイベントとなりました。

T-7練習機のコックピット見学

T-7練習機のコックピット見学

内部を見学できたCH-47J輸送ヘリ

内部を見学できたCH-47J輸送ヘリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article